思春期とは違う!大人ニキビの原因

高校生くらいの頃は全くニキビに無縁だったのに、社会人になって急にニキビができだした!という方結構いるかと思います。

今まで通り洗顔に気を付けてさっぱりさせることを意識していても、大人ニキビは中々治りません。それもそのはずです、若いときにできるニキビと、大人ニキビとは同じニキビでも全く違う原因でできているからです。

若いときにできるニキビは大量に出た皮脂が毛穴に詰まり、その毛穴にアクネ菌が増殖したためできます。なので大量発生、大型化しやすいのが特徴です。

一方、大人ニキビは顔中大量にできる、なんてことはあまりありません。
生理前にあごにポツンとできたニキビが中々治らない、額にできたぽつぽつニキビが気になる、鼻の頭に大きなニキビが一定周期でできて恥ずかしい…ということありませんか?

大人ニキビは皮脂の分泌が過剰に起こることが原因ではなく、不規則な生活や睡眠不足、乾燥、ストレスなどが原因で引き起こされているのです。

生活スタイルが原因でできている可能性が高く、一度治ったと思ってもまた出てきたりと繰り返し発生することも特徴の一つです。

気楽で楽しい学生生活とは違い、社会人になったらストレスも倍増しますよね。空調の効きすぎた部屋で一日中デスクワークをすれば肌もからからに乾燥します。

残業続きで食事や洗濯などもおざなりになったり、疲れ果てて化粧をしたまま寝てしまったり…、そんな生活スタイルが大人ニキビの原因にもなります。

中々生活スタイルを変えるのって難しいですが、大人ニキビに効果的な化粧品を利用し、肌のバリア機能を整え肌に潤いが出てくるようになってきたら、生活スタイルにも気をつけようという気持ちがわいてくるかもしれません。

今は大人にきびに特化した化粧品も沢山あります。セラミドやヒアルロン酸など保湿成分、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸などニキビやニキビ跡に有効的な成分が入ったもの、エタノールやアルコール、香料などの添加物の入っていないものを選択するといいでしょう。

参考:「毛穴・ニキビ」ケアのための美容成分

以上簡単にですが大人ニキビの原因についてご紹介しました。大人ニキビの原因は複雑に絡まった生活スタイルが原因なので、中々解消しずらいですが、まずは大人ニキビ用の化粧品を利用しながら、少しずつ生活を整えていくのが一番の近道かもしれません。